ホワイトニング

クレストのなかで最も歯を白くするホワイトニングシート「Crest 3D White Professional Effects」を試した感想

クレスト_ホワイトニング_プロフェッショナルエフェクト_01

前回に引き続き、クレストホワイトニングシート感想を書いておく。

前回は、知覚過敏用の「Crest 3D Whitestrips Sensitive Teeth Whitening Kit」を試した。

no image
クレストの知覚過敏用ホワイトニングシート「Crest 3D Whitestrips Sensitive」を使ってみた感想

先日、海外から個人輸入していたクレストのホワイトニングシートが届いた。 注文していたのは以下の3商品。 Crest 3D White Professional Effects Crest 3D Whi ...

今回は、より過酸化水素の濃度が高い「Crest 3D White Professional Effects」を試してみた。

かならず追記まで読んでください!安易に試すと危険です!

結論

まず最初に結論。

ありがたいことに、歯はしみなかった。一番効果が高いといわれている「Crest 3D White Professional Effects」を使い続けても大丈夫そう。

ただ、残念なことに、そんなに歯は白くはならなかった。知覚過敏用の「Crest 3D Whitestrips Sensitive Teeth Whitening Kit」よりほんの少し白くなったような気もするけど…、まぁ、気のせいレベルだと思う。

クレストのプロフェッショナルエフェクトは、20日間連続で使用して1セットのようなので、本当の効果を見るためには、連続して試して見る必要がある

クレストの知覚過敏用のホワイトニングシートと、プロフェッショナルエフェクトのホワイトニングシートの違い

クレストの知覚過敏用のホワイトニングシート「Crest 3D Whitestrips Sensitive Teeth Whitening Kit」と「Crest 3D White Professional Effects」の大きな違いは、以下の2点。

  1. ADA(アメリカ歯科協会)の認可を受けているか否か
  2. 過酸化水素の濃度

知覚過敏用のホワイトニングシートは、ADAの認可を受けている。よって、日本では販売禁止されているものの、ある程度の安全性は担保されていると考えて良いと思う。

しかし、プロフェッショナルエフェクトの方はADAの認可を受けていない。理由はわからないが、安全性を重視するのであれば、ADAの認可を受けている知覚過敏用のホワイトニングシートを使ったほうがいい。

過酸化水素は、歯を白くする薬剤。知覚過敏用のホワイトニングシートよりも、プロフェッショナルエフェクトのホワイトニングシートの方が過酸化水素の濃度が高いらしい(何%入っているかは、公式HPを見てもわからなかった)。

よって、より早く歯を白くしたいのであれば、プロフェッショナルエフェクトを使ったほうがいい。とはいえ、安全性は知覚過敏用のホワイトニングシートより劣るので、その点を考慮する必要がある。

今後のホワイトニングに関して

今回、クレストのホワイトニングシートの中でも、最も歯を白くする効果が高い商品の1つである「Crest 3D White Professional Effects」を試し、結果的に歯はしみなかった。

よって、今後は知覚過敏用の「Crest 3D Whitestrips Sensitive Teeth Whitening Kit」ではなく、「Crest 3D White Professional Effects」でホワイトニングを継続してく

「Crest 3D White Professional Effects」は、20日間連続使用して1セットのようなので、とりあえず20日間試したのちに結果を確認する。

もし、歯がある程度 白くなっていたら、その後も継続して「Crest 3D White Professional Effects」でホワイトニングする予定。

オフィスホワイトニングは1回約1万円もするのに、歯はほとんど白くならなかった

1箱約4000円のホワイトニングシートで歯が白くなるなら、ホワイトニングシートのほうが圧倒的にコスパが高い

追記

「Crest 3D White Professional Effects」を試してから1日経った。

当日は歯が染みることはなかったのに、1日経つと歯の末端が染み出した。正確に言うと、夜中に歯の末端がうずきだした。

知覚過敏用の「Crest 3D Whitestrips Sensitive Teeth Whitening Kit」を試したときも、若干歯がうずく感じがあったが、プロフェッショナルエフェクトほどではない。

プロフェッショナルエフェクトは知覚過敏用のセンシティブティースホワイトニングより数倍歯がうずくし、染みる

これを続けるのは無理だと思う。

もちろん、人によって歯の強さ、染み度合いには差があるので、使っても平気な人もいるかもしれないが、自分の場合は無理。

知覚過敏用のセンシティブティースホワイトニングであれば、そこまで歯は染みないので、使い続けることはできる。(さすがADA認可取得してるだけある)

なので、もしクレストのホワイトニングシートでホワイトニングを継続する場合は、プロフェッショナルエフェクトではなく、知覚過敏用のセンシティブティースホワイトニングを使うことにする。

-ホワイトニング

© 2020 草食男子の勝利学