ホワイトニング

クレストの知覚過敏用ホワイトニングシート「Crest 3D Whitestrips Sensitive」を使ってみた感想

先日、海外から個人輸入していたクレストホワイトニングシートが届いた。

注文していたのは以下の3商品。

  1. Crest 3D White Professional Effects
  2. Crest 3D White Luxe Whitestrip Teeth Whitening Kit, Glamorous White
  3. Crest 3D Whitestrips Sensitive Teeth Whitening Kit

3つめのCrest 3D Whitestrips Sensitive Teeth Whitening Kit」が、知覚過敏用のホワイトニングシートになる。

自分はオフィスホワイトニングしたときに少々歯の先が染みるようになった経験があるので、まずは知覚過敏用のホワイトニングシートから試してみることにした。

Crest 3D Whitestrips Sensitive Teeth Whitening Kitについて

クレスト_知覚過敏用_01

こちらが、クレストの知覚過敏用のホワイトニングシート「Crest 3D Whitestrips Sensitive Teeth Whitening Kit」になる。

箱に「ADA」の記載があることから分かる通り、米国歯科医師会(American Dental Association)に認められている

よって、日本では認可されていない商品ではあるものの、ある程度の安全性は担保されている

 

クレスト_知覚過敏用_03

箱の中には、14枚のホワイトニングシートが入っている。

これ以外に何も入っていない。説明書や小型LEDライトも入っていない。

クレストの知覚過敏用ホワイトニングシートの使い方

クレスト_知覚過敏用_02

クレストの知覚過敏用ホワイトニングシートは、歯に貼り付けて30分放置してホワイトニング完了とのことらしい。

箱に記載されている文章以外に、詳しい使い方の説明はない。

 

クレスト_知覚過敏用_04

一応、個別包装の裏側にも使い方や注意事項が書いてあるが、箱に書いてあるもの以上の解説はない。

これだけでは、いまいち使い方がわからないので、クレストの公式使い方動画を見るのがおすすめ。

 

上動画が、クレストの公式のホワイトニングシートの使い方動画になる。

特に難しいことはない。長い方のシートを歯茎にかからないように上の歯に貼り、短い方のシートを上の歯と同じように下の歯に貼る。それだけ。

これで30分放置すれば、ホワイトニング完了となる。

クレストの知覚過敏用ホワイトニングシートを試してみた結果

クレスト_知覚過敏用_05

実際に、クレストの知覚過敏用ホワイトニングシートを試してみたが、特に白くならなかった。

14枚分続けないと効果が目に見えてこないのかもしれない。よって、この1回の結果をもって、クレストのホワイトニングシートの効果がない判断するのは時期尚早かと思う。

知覚過敏の人でもクレストのホワイトニングシートは使えるか?

個人的な感想としては、使えると思う。

ただ、私が使用したのはクレストの「知覚過敏用」のホワイトニングシートなので、その他の商品についてはなんとも言えない。

また、知覚過敏用のホワイトニングシートを使っていても、下記の問題は起こったので注意してほしい。

  • 舌がちょっとピリピリする。(薬剤と唾液が混ざって舌に染みてるからか、口を長時間半開きにしていたからか…。原因はわからない)
  • 歯茎とシートが触れてしまっているところが少しじんじんする気がする。

どちらも、ほんの少し感じる程度なので、我慢できないとかそういったレベルの話ではない。全然問題なく使える。

今後のホワイトニングに関して

知覚過敏用のホワイトニングシートは使えることがわかったので、今月中に残りの2商品も試してみたいと思う。

一番効果の高い「Crest 3D White Professional Effects Whitestrips 」は最後に残しておいて、次は「Crest 3D White Luxe Whitestrip Teeth Whitening Kit, Glamorous White」を試してみる。

もし、「Crest 3D White Luxe Whitestrip Teeth Whitening Kit, Glamorous White,」を使っても歯が染みなければ、「Crest 3D White Professional Effects Whitestrips」を使ってみることにする。

-ホワイトニング

© 2021 草食男子の勝利学