ネイルケア

男性がネイルサロンでネイルケアすべき理由と注意点。

今まで爪の手入れなんてしたことがなかった。伸びすぎたら爪を切る。ただそれだけ。

しかし、仕事相手の男性の爪をみて、ネイルサロンに行くことにした。

その男性は、どうやらネイルサロンにいっているようで、爪が異様にキレイだった。男性のきれいに整えられた爪は、男性の自分からみても好印象。女性が見たらなおのこと好印象なのは疑いようがない。

モテたいとか、意中の女性に好意を持ってもらいたいという男性は、ネイルサロンに行って損はない。

男性専用のメンズネイルサロンは少ない

ネイルサロンのネイリストはたいてい女性なので、男性が行くのは少しハードルが高い

なので、男性専用のメンズネイルサロンを探してみたが…ほとんどない。あるにはあるが、自宅から距離が遠すぎたり、流行ってなさそうだったり、いろんな意味で行きにくいお店ばかりだった。

で、結局 男性のネイルケアもやっている女性向けのネイルサロンに行くことにした。

男性がネイルサロンでネイルケアしてもらうときの注意点

はじめてネイルサロンに行くので不安だったが、やっておいてよかったと思うことが1点。

それは、手の毛を剃っておいたこと。

当然ながら、ネイルケアは女性のネイリストに手を触られながら施術してもらうので、不潔な手だと印象が悪い。(もちろん、プロなので口にはださないだろうけど…)

もし、爪に汚れが溜まってたり、爪があまりにも伸びすぎているなら、きちんと爪の中の汚れをとって、ある程度の長さまで爪を切ってからネイルサロンに行くべき。

また、ネイルケアはおおよそ30分〜1時間ほどかかるので、その間ネイリストの女性と雑談することになる。なので、ネイリストと話せる話題を用意しておくと、ネイルケア中に嫌な空気にならずに済む。

何を話していいかわからなければ、ネイルケアについて質問すれば30分ほどは会話をもたせられると思う。

月に何回ネイルサロンに行けばいいのか?

基本的に、ネイルケアは散髪と同じで、定期的にケアして貰う必要がある。おおよそ3週間〜1ヶ月ほど経てば、ネイルケアする前のゴツゴツした爪に徐々にもどっていくので。

なので、2〜3週間に1回のペースでネイルサロンに通うのがベスト。ネイルケアし始めの頃は、爪が硬かったり、甘皮(爪と皮膚の接合部分の皮)が硬かったりするので、2週間前後でネイルサロンに通うようにすると良い。

ただ、そこまでお金がかけられないという人は、月1回でも十分かと思う。

メンズネイルケアの料金

ネイルサロンによって料金は違うが、おおよそ1回3000〜5000円の間

相当な高級店でもない限り、5000円以上かかることはない。

男性の場合、基本的に女性のように爪にマニキュアを塗ったりデコレーションしたりしないので、料金は安め。

男性がネイルケアすべき理由

実際、ネイルケアしてもらった感想としては「すごい!」の一言

まるでキャンディーのようにツルツルキラキラした爪になる。「食べたくなる」とか「おいしそう」という表現が的確かもしれない。

何も塗ってないのに、ヤスリがけだけでこんなにキレイになるものなの!?と驚愕した。(本当は撮影した写真を載せたいけど、個人情報なので割愛)

自分が自分の爪を見ても「キレイだ…」とうっとりしてしまうのだから、女性がこんな男性の爪を見たら好感度上がること間違いなしかと。少なくとも加点されても減点されることはない。

はじめてネイルケアしてもらった人は、おそらく1日の間に自分の爪を何度も確認すると思う。キレイすぎて何度も見たくなるので。

月1回、1回3000〜5000円前後で、自分に自信が持てて、女性からも男性からも好印象を持たれるなら、ネイルサロンに行かない理由なんてないと思う。かなりコスパ高い自己投資だと思う。

-ネイルケア

© 2020 草食男子の勝利学