ファッション

着ない服に15万円も使った理由と今後の対策について。

徹底的に自分の見た目を変えようと、新しい服を買いに行った。

一瞬でも店内に足を踏み入れようものなら、まだ服を見てもいないのに店員が寄ってきて試着を勧めてくる。

まぁ、それはそれであちらも仕事だから仕方がないのかもしれない。

いつもは、「はぁ…またか」と思って、一生この店には近づかないと心に決めて去る…んだけれど、今回は「絶対服を買う!」と決めてお店にいったので、店員の接客を受けることにした。

 

まぁ、よく喋る。

 

はぁ。

はい。

そうですねぇ…。

 

なんて言いながら、試着を勧められて、その中から良さそうな服をいくつか買った。

合計15万円ちょっと。

良い服を買いに行くつもりだったけれど、ここまでお金を払うつもりはなかった

店員は、試着させまくってこちらに罪悪感をもたせた上で、必要もない服を買わせるのに仕事の喜びを感じるのかしら?

と思うものの、おしゃれでモテモテの人は、こういう修羅場をかいくぐってきたからこそおしゃれなわけで…。

辛いし苦しいけど、今後も洋服屋の店員の接客を受けつつ、自分の好きな服を買うという苦行を甘んじて受けることにした。

これからも、必要ないし、着る気もない服に数万、数十万円使っていくことになると思う。

その度、その洋服のブランドと、店員を少しづつ恨んでいくと思う。

 

でも、これを乗り越えないとかっこよくなれないし、自分を変えることはできない

 

もちろん、洋服は通販でも買えるんだけど、自分にジャストフィットの洋服は試着してみないとわからない。

通販で購入して試着して、合わないものは返品して、サイズ違いのものをまた購入して…と繰り返してもいいんだけど、時間がかかりすぎる。

であれば、多少お金がかかっても、店員のいるお店で服を買うことで、人とのコミュニケーション力をつけつつ、自分似合う服を買う経験を積んだほうがいいかなと思う。時間はお金で買えないので。

まったく良いお金の使い方ではないとは思うけど、今までスルーしてきたツケで大金を使う羽目になっているわけだから、きちんと向き合って克服していこうと思う。

洋服代に数百万円ぐらい使えば、人とのコミュニケーションも、自分に合う洋服選びも、かなりハイレベルでできるようになっているはず。

頑張ろう。

-ファッション

© 2020 草食男子の勝利学